コンテンツ企画・リニューアル各種制作

【コンテンツ企画/各種制作】あぶくま食の遺産継承プロジェクト

170522-01
151220-11
170522-04

福島県の中通り地方に位置する阿武隈地域。

いまだ原発事故による避難指定区域が設定されている福島県。住み慣れた地から離れて生活する方の日々の食卓に並ぶ料理は、作り慣れていた煮しめや漬物といった地域の気候風土が色濃く反映されたものから、大きく様変わりしてしまいました。

また、地域のコミュニティが離れ離れにならざるを得なくなったことで、『さなぶり』のような季節の節目となる行事と、多世代が集まって食卓を囲む機会は少なくなり、長くかけがえのない時間が培ってきた食文化が失われつつあります。

そこで、この地で作り食べ継がれてきた食文化の伝承を目的に、料理が持つ味や調理法といった特長の記録と、伝承料理をテーマとした商品の開発・販売に取り組むプロジェクトとして立ち上げました。

「作る・伝える・残す」をコンセプトに編集・発行したパンフレットでは、震災によって故郷から避難した農業者の女性を対象に実施した、幼少期から現在まで作り食べ継いできた食文化に関するインタビューをはじめ、『食文化の疎開』と称される他地域での保存食づくり活動、特に後世に残したい伝承料理として『あぶくま食の遺産』に認定したもののレシピを掲載しました。

これに加えて、紙媒体だけではなく調理方法の動画も記録。youtube上で『いかにんじん』や『紫蘇の実の一升漬け』などを中心とした調理方法の紹介。合わせて、期間限定のお弁当・駅弁『あぶくま御膳』を開発・販売しました。

Local-Fooddesignが手がけたこと

クライアント:かーちゃんの力・プロジェクト協議会
提案内容:食文化伝承に必要な聞き書手法やインタビュー項目、コンテンツとして制作すべき内容、お弁当・駅弁の販売による食文化の露出拡大
事業内容:プロジェクトのコンセプトメイキング、地域の伝承料理リサーチ、パンフレット制作(編集、取材、撮影、執筆、デザイン)、SNS・レシピ動画ディレクション、お弁当・駅弁『あぶくま御膳』の開発

SNSは>>こちら
動画サイト(youtube)は>>こちら