あぶくま御膳-01

阿武隈地方で食べ継がれる伝承料理の中から、地域を代表する料理を「あぶくま食の遺産」として選定し、メニューコーディネートした弁当を開発。

2014年10月に東京・日本橋の福島県アンテナショップ「ミデッテ」で限定40食で提供し、特に凍み大根の煮しめ、かぼちゃ飯、芋じゃがといった料理の人気が高いことを再確認。手しごとが詰まった福島の伝承料理をお弁当の形で発信したことに対して高評価をいただきました。

あぶくま御膳-02

また、2015年4月〜6月に開催された「福島ディスティネーションキャンペーン」時には、駅弁に編集して限定発売。こちらも好評を博しました。

Local-Fooddesignが手がけたこと

クライアント:かーちゃんの力・プロジェクト協議会
提案内容:伝承料理・プロジェクトのメディア及び事業者の看板商品としてのお弁当・駅弁開発
事業内容:商品企画、メニューコーディネート、同梱お品書きの制作、料理撮影、パッケージデザイン監修、包材手配、PRディレクション